Asa's Blog

ドメインを移管しました

Tags: Domain  Website 

Published on 2021.02.01. Last Modified on 2021.05.02.

この記事、今更感がすごい

移管した理由

最初にドメインを登録したのが2019年4月1日。
だから1年と7ヶ月くらい? お名前.com を使っていたんですよね。

サイトを再構築するときに考えていたのは

Git と 連携 させたい ... !!

Google App Engine ならGitHubにソース上げればデプロイしてくれるからベストだと思い、 いっそのことGoogleサービスにまとめちゃえ!!っていうだけ。 (GitHub Actions使えばFTPで上げられたりするんですけどね)

タイムライン

  • 2020.11.29 19:50 ドメイン移管手続き開始
  • 2020.11.29 19:57 支払い
  • 2020.11.29 20:27 拒否られた
  • 2020.11.30 18:43 リベンジ
  • 2020.11.30 19:38 確認メールが来た
  • 2020.11.30 22:15 メールに気づき、承認
  • 2020.11.30 22:27 移管完了

Step by Step

今回は「お名前.com(以下「移管元」)」から「Google Domains(以下「移管先」)」に移管しました。

Step1 - 入力

移管先のサイトを開き、「移管する」ページを開きます。 移管したいドメインを入力します。 移管するドメインをテキストボックスに入力

Step2 - AuthCode

移管元から、AuthCodeを取得します。移管先に入力します。 移管元から取得して... 移管先に貼り付け

Step3 - Whois代行公開を一時無効化

Whois公開代行を一時的に無効化しないと、移管できないようです(お名前.comの場合は)。
私は無効化していなかったので、拒否されました。 拒否された!? Whois公開代行されているとダメらしい

なので、忘れずに無効化しておきましょう。

Step4 - 設定確認

設定を確認します。
DNS設定は引き継がれるらしい。まあ引き継がれなかったら困る。
一部引き継がれてなかった。一応移管後に確認しておいたほうがよさそうです。

なお、この時支払うのは、1年間分の料金である¥1,400です。

Step5 - 支払い

JCBで払おうとすると...?

いつも使っているJCB(LINE Pay)でやろうとしたところ、何度やってもダメでした。 なんでや!

そこでVisaを使ってみると、支払い完了しました。

支払いが完了するとステータスが表示される

Step6 - 移管承認

支払い後、移管元からメールが届きます。
このメールから承認しないと、移管できないので、承認します。 確認メールが届くので 承認

Step7 - 移管完了

しばらくすると、移管が完了し、移管先からメールが届きました。 !!!

DNSはいくつか引き継がれていませんでした。 DNS一覧

Googleのヘビーユーザーになってしまう...

keyboard_arrow_up